コラム

歯磨き指導について

 

口腔清掃指導(TBI)

当然ですが歯を磨かないと歯石が沈着します。重篤な歯周病で受診される方の中には、「磨いているのに歯石がついてきます。」という方が少なくないです

これは歯周病の予防や進行抑制に大切な部位の汚れが磨き残されているからです。

歯周治療としての歯磨き指導では、主に歯と歯茎の際である歯頚部の磨き方を指導します。主にバス法と呼ばれる方法を指導しています。

バス法

歯が生えている向きに45度の角度で、ブラシの先を歯頚部に添わせます。

その後前後に細かく揺らし、毛先がほぼ動かない程度の細かい動きで20回ほどその1歯を集中して磨きます。


歯歯ブラシと歯間ブラシ

全体的にこの磨き方で良いですが、前歯の裏側は、ブラシの “カカト”の部分を使って縦磨きします。歯ブラシのほかに、歯間ブラシ、デンタルフロスの使用も重要です。

当院では、歯周治療・メインテナンスと並行して歯磨きの方法を確認します。

患者さんからは、まず歯ブラシをしてから、デンタルフロス・歯間ブラシ、、、というお話をよく聞きます。

私たちも以前はそのように指導していましたが、最近の研究ではデンタルフロス・歯間ブラシの後に歯ブラシをした方が、汚れの残りが少ないという傾向が示されています。

いろいろな解釈がありますが、歯間ブラシやデンタルフロスが苦手な方は、まずそれらで汚れをとり、取り残しを歯ブラシで補うという方法で良いのではないでしょうか。

詳しい方法は治療の時にお話します。


 

デンタル文京白山|文京区白山で、歯周病治療を軸とした総合的な歯科治療を。

日付:2021.06.14   カテゴリー:お知らせ

 

 

スケーリングについて

 

スケーリングとは

歯石取りは、専門用語では、スケーリングと言います。特に歯肉の縁から歯の方に付着した歯石の除去は、縁上スケーリングと言います。

また、歯肉の中に隠れた歯石の除去は縁下スケーリングと言われ、区別されています。

いわゆるメインテナンスでは、この縁上スケーリングを行う事が多いです。

スケーリング・ルートプレーニング
(SRP)

動的治療では、縁上に続いて縁下のスケーリングを行います。また、縁下の歯根面はセメント質という比較的脆い表面で、細菌由来の毒素が沈着していることが知られています。

そのため、スケーリングだけでなく、表層の汚染を除去するルートプレーニングを行います。

このスケーリングとルートプレーニングは併せてSRPと呼ばれます。しばしば局所麻酔下で、口腔内を4-6つ程度のブロックに分けて実施されています。

デンタル文京白山(以下、本院)では、このスケーリング・ルートプレーニングを1-2回の治療でする場合が多いです。

 

メリット

・少ない回数による治療期間の短縮
・口腔内の歯周病原細菌を急激に減少させる

デメリット

・麻酔を十分に実施する通法よりも施術中の痛みが比較的ある

 

痛みの苦手な方は通報通り麻酔下で回数を掛けていきます。
このように歯石徐去は歯周治療の第2の重要項目です。しかしながら、先に第一の重要項目である、普段の歯磨きの確立があって、その治療効果が発揮される事が、学術的な研究から明らかになっています。

次のページへ

 

デンタル文京白山|文京区白山で、歯周病治療を軸とした総合的な歯科治療を。

日付:2021.05.31   カテゴリー:お知らせ

 

 

歯周病の基礎知識

 

歯周病治療とメインテナンス

定期的に歯石を取ってもらっていたけど、どうしてこんなに歯周病が進んでしまったのでしょうか、、、。

重度の歯周病患者さんから頻繁にお聞きする言葉です。

定期的な歯石除去などは歯周治療ではメインテナンス治療として、一通りの歯周治療(メインテナンスに対し、動的治療と言います)が終わった患者さんの健康維持のために行われます。

         

動的治療が行われなかったり、メインテナンス期間に悪化した歯周病をそのままになっていたりすると、知らないうちに歯周病が進む危険性があります。

歯石取りだけをしていて大丈夫な人と、動的治療を行わなければならない人では、お口の中にどんな違いがあり、そのリスクをどのように評価すればよいでしょうか。

歯周ポケット深さと、BOP(ポケット検査時の出血)はリスク評価の重要な指標です。

歯周ポケット

深い歯周ポケットは、清掃器具が届かなくなるばかりか、酸素も少なくなり、歯周病原細菌にとって快適な環境となります。

たとえ症状がなくても、細菌の増殖によって歯周病が進行するリスクとなります。

歯周病になると、歯肉や周りの組織に炎症が起こり、検査の時に容易に出血(BOP・下のチャートでピンク塗)するようになります。この出血がある部位は、まさに歯周病が進行しています。

BOPは、歯周病が実際に進んでいるという現象を示しています。


話は、歯石取りに戻ります。果たしてあなたが今受けている歯石除去治療は、メインテナンスなのでしょうか、動的治療なのでしょうか。

次のページへ

 

デンタル文京白山|文京区白山で、歯周病治療を軸とした総合的な歯科治療を。

日付:2021.05.17   カテゴリー:お知らせ

 

 

 

 

院内設備 ページトップへ